2008年11月17日

クルム伊達公子はすごい

クルム伊達公子はすごい
引退から11年半だよ?マジ、すごい。というか38歳って・・・。女としてよりもアスリートとして・・・。尊敬です。
でもってクルム伊達公子のダンナもステキ。ドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムという人なんだけど、クルム伊達公子にいったひとこと「キミコならできるよ」と言う一言と自分が「年齢やブランクは関係ない」といって、自らも努力して復活していってる姿が、クルム伊達公子の心に響いたんだそうだ。
5年ぶりにフォーミュラニッポンにチャレンジしたんだってさ。

そして、彼女が復活してからも、応援して、そして理解してあげてるダンナ・・・。ステキ・・・。しかもドイツ語、日本語だけでなくフランス語、英語もペラペラ。モナコにも家があるそうだ・・・。
こういう人って、なんでいつも外人ナンダ?
日本人でこういうダンナって聞いたことがないのはワタシのまわりだけ?
ちなみにクルムさんは、テレビでみた伊達さんに人目ぼれしたそうだ。でもその6年後にやっと会うことができたそうだ。
でも交際して1年後に速攻結婚したんだよね。
ちなみに結婚してから二人でジョギングを始めたんだけど、その2年後にロンドンマラソンを3時間27分で完走してるんだって・・・。すごい。

それにしても日本のテニス界は大丈夫か?なんだかんだいっても38歳だよ?しかも引退11年後の人に、その間練習を一生懸命やっていた人達が負けてよいのか?という疑問が残る。


ラベル:クルム伊達
posted by ユッキ at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ズンバ(ZUMBA)DVDでダイエット

ズンバ(ZUMBA)って知ってる?
今、ちまたで流行りつつあるダイエット法です。
まあ、去年めちゃめちゃ流行ったビリーズブートキャンプみたいな、いわゆるDVDにあわせて身体を動かしてやせる、運動系ダイエット法なんですが、ビリーみたいな軍隊的なものじゃないんですね。簡単にいうとラテンダンスですね。
発祥は1990年代半ば、南米コロンビアで作られたらしいです。
発案者はベトペレスという人で、南米コロンビア出身。
経歴は、ブラジル「マリア・サンフォード・ダンスアカデミー」卒業後、ラテンダンス専門アカデミーにて講師を務めるその後フィジカル・フィットネスに興味を持ちISAT学位取得、パーソナルトレーナーを務める。

ノースマイアミ ウイリアムズ・アイランドの世界的に有名な「ノースマイアミ・スパ」のフィットネスディレクターとして活動を開始し、「カリスマインストラクター」として毎回100人以上の参加者で溢れるクラスでズンバを教える傍ら、シャキーラなどアーティストの振り付けや、ラテンショーでのダンスパフォーマンスも行う。
フィットネスでの成功が世界的にも認められ、TVに取り上げられたり、イタリア「Rimini」、ドイツ「Bavaria」フィットネスフェスティバル開幕式のVIPや、米国内のIDEA,ECAなどのフィットネス大会やクラブにおいてもプレゼンターやスポンサーとして活躍している。

ということらしい。
でもってうたい文句は、

世界35カ国で700万枚のDVDを売り上げたということ。

それから国際フィット ネス協会認定プログラムとしてインストラクター12,000人、受講者200万人を突破したということ。

さらに、1時間当たり、最大1000キロカロリーの燃焼を実現ということ。
えっ?せ、せんきろかろりー???有り得ない・・・。
まあ、人にもよる、というか個人差ありとしっかり書いてあるが・・・。
ピラティスやヨガよりも圧倒的な燃焼カロリーだ。

まあ、楽しくやせられるという点ではビリーよりかは良いかも・・・。






☆モデ痩せ -
芸能人と女優が実践するモデルのキレイ痩せダイエットの方法
posted by ユッキ at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

マクロビオティックでマドンナになる

マクロビオティックって知ってる?
マクロビオティックは、最近アメリカのスーパーモデルやセレブの間で流行っているダイエット法です。
代表的な人は、マドンナやトムクルーズ。変り種としては、クリントン元大統領とかいます。
でもってマクロビオティックとは実はフランス語で英語ではマクロバイオティックといいます。
さらに、このマクロバイオティックを開発したのは、なんと日本人なのです。ただ、このマクロバイオティックが開発されたのはかなり古いらしく、この方はすでになくなっているらしいです。
では、なぜフランス語のマクロバイオティックがアメリカで流行っているかというと、10年前くらいにはすでにヨーロッパで流行っていたからというだけらしい。

では、マクロバイオティックとどういう方法かというと、ワタシ流にいうといわゆる古くからある日本食をベースに、うま〜くたべあわせて、さらにそこに、身体をあたためる食物と身体を冷やす食物という概念をいれたらしい。
基本的にマクロバイオティックはタンパク質は肉ではなく、魚で、あとは必ず日本食といえば出てくる、大豆や海藻類に野菜を組み合わせるらしい。まあ、日本人にはフツーのことだけど、ガイジンからみると、やはり新鮮味があるんだろうなあ。昨今の日本食ブームともかぶさってるだね。
でも、いちいち食品を調べたり、面倒くさい調理が苦手なあなた!(ワタシ?)
最近は、ネットでレトルト食品があるんですよね。
なんて便利な時代なんだ〜!
posted by ユッキ at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウトレットマンション

アウトレットマンションって知ってる?
今、不動産は空前の不況。特にマンションは地価が高いときにつくったのを今売り出しているので、売れない売れないという状況らしい。
また、ちょっと前までは中古マンションも売れていたらしいが、最近は、そのマンションまでも売れてないらしい。
おかげで、大手の不動産屋もバタバタつぶれているし、リートもぶちさがり。もちろんその理由は、リーマンブサザースのリーマンショック。
なぜなら、彼らは、海外の資金を日本の不動産が割安とみて、やたらめったら、買い捲っていたので。その買い手がいなくなっただけでなく、リーマンをはじめ、外資の連中がしこんだ不動産を売らざるを得なくなったので、いわゆる投売りをしはじめて、こんな状況になったらしい。と友人がいっていた。
そんなこんなのなか、アウトレットマンションというのが流行っているらしい。アウトレットマンションとは要するに、マンションのデベロッパーは、頭金だけ払って、あとは銀行から借金してつくって売っているのが実情らしいのだけど、マンションが売れなくなると、元金は払わないといけない。金利もどんどんかかるで、とにかく早く売らないことには傷口がどんどん広がるらしい。
そこで、アウトレットマンションを手がける不動産屋さんたちは、いわゆる現金で、ビシビシほっぺたをはたいて(想像ですが)、5000万の売り出しのマンションを3000万あるいは2500万で買うらしい。そこでそのマンションをアウトレットマンションとして4000万とか3500万で売れば、たしかにちょっと前まで5000万していたのが1000万も得だとおもって買う人はいるというわけ。

う〜ん。それにしても・・・。
そんな大金が上下する、不動産ってコワイ。でも、ほしいかも・・・(笑)
posted by ユッキ at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

整形

整形って、ワタシの中ではありえなかった。でもビューティコロシアムを見ていたら、まあ、整形で自分に自信をとりもどせなかった人が、整形で人生をもう一回やりなおす姿をみていて、う〜ん。なんか悪くないかなあっていうか、ありかもしれないと思うようになった。整形って普通の人が美人になるっていうイメージがあったけど、世の中には、本当に本当に見た目で損をしている人がいるんだなあと思った。
子供のころはあまり気にしてなかったけど、見た目って、ある程度は自分のせいでもあるけど、正直、遺伝というのもかなりあるなあ。と思った。というかそういう人がいるんだなあとおもった。
でも、特別にキレイにならなくても、やっぱ見た目のせいで、自分にあまりにも自信がないひとは、なんとか自信をもつためには・・・。って考えたら、なんか、自分もけっこう見た目というか外見でかなり、偏見をもっていたんだなあ。と考えさせられた。

別にワタシはキレイじゃないけど、整形を望むほど、人が目をそむけるほどの外見でもない。昔は、太った人をみていたら、なんで食べるんだろう。やせたいなら食べなきゃいいのに。とか思っていたが、それもかんがえてみたら遺伝なんだよね。
だから、ワタシの食べたいのにガマンと彼女の食べたいのにガマンとは、ガマンの度合いが違うんだよね。
まあ、だれでも整形OKというわけではないが、整形が必要というか、整形外科の医師もけっこう世の中のためになっているんだなあと考え直しまた。めでたしめでたし。
ラベル:整形
posted by ユッキ at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルエットリフト顔のしわ、整形リフトアップでビューティーコロシアム

ビューティーコロシアムをみた。
ありえない。整形したら、これって別人?ってホントに・・・。
整形した人は、どうみたって60以上の人で実際は40代だって・・・。
ちなみにその整形した彼女はお見合いで年齢確認のために、免許証か健康保険証をみせてくれっていわれたらしい。実話だと思う。っていうかその男の人に同情してしまうのは、ワタシだけ?

それだけだってありえないのに、整形でマジキレイになってた。
男はだまされるね。
もっとも驚いたのは、顔のしわ。
どうやってやるかというとまず、耳の横にメスをいれて、そこから皮膚をひっぱるのだそうだ。更に、彼女の場合は、それだけでは足りないというかとりきれないしわが残ったので、シワのばしの最新テクニックをつかったそうだ。
どんな手かというと、頭のところに切り込みをいれて(こ、こわ〜)そこからシルエットリフトという特殊な糸、なんか途中途中にモリというかやじりというか、まあ、そんな形のものがついていて、それをしわを伸ばしたい皮膚の裏にとおして、引っ張るというやりかただ。

はあ〜。よっくかんがえるなあ。ってかんじ。
それにしても素人考えで、そのシワを伸ばしているシルエットリフトというリフトアップの糸はきれないのだろうか?なんか朝、顔を洗っているときに、ついプツッとかきれたら、どうなんだろう?
なんて考えてしまった自分がコワイ。
それから髪型ひとつで、ここまで人はというか女性は変われるものなのかっていうのを実感した。
ようは、前髪のつけげ。いまでいうウィックってやつね。
それで額のシワをかくすなんて・・・。
それからなんといっても歯。キレイな歯は確実に人がかわる。
う〜ん。歯をみがこう。

■ リセットビューティー ■ 
1日たった10分で!シミもしわもなくなる あの有名美人女優も大絶賛!芸能人と女優が実践する”宮原もとみ”のアンチエイジングの鬼プログラム たった14日間で10歳若返る方法
posted by ユッキ at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ゴルフのアンダーアーマー

友人が冬でもゴルフをしている。でもって、アンダーアーマーというのに感激している。というのも、そもそもこのアンダーアーマーって夏にきていて、暑さでも熱を発散してしかもべとつかないでクールに保てる、すごいウェアだったのだが・・・。

みなさん、みたことあるでしょ?夏に、半そでのしたになぜか長袖を着ているゴルファーを・・・。なんでだろう?とおもったことはなかったですか?ワタシは最初、日焼け防止かなあ?くらいにしかおもってなかったけど・・・。まあ、どっちにしてもカッコから入るワタシとしては、同じようなかっこをしていれば良かったのですが・・・
違ったんですね。根本的に。

なんと今回は、その真反対。
つまり暖かいアンダーアーマーが出たからだ。
これがすごい優れものらしく、十分にあたたかくてしかも汗をためないので、汗ひえの心配がないらしい。
意外と冬のスポーツでこまるのは、最初、身体があたたまるまでは寒いから、厚着をするんだけど、そのうち汗をかき始めて、それでもそのままでいると、今度はその汗で寒くなってしまういうパターン。
それがないらしい。
しかも伸びもよく、軽くて着心地も良いらしい。
ただ、ワタシとしては、そんな高いのは買えないので、ユニクロの下着で十分。みかけだけなら、わからないからね。フフフ。

posted by ユッキ at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットウェアサポーター

ダイエットウェアサポーターって知ってる?
最近フツウのダイエットに疲れてきたのか、ちょっと反則かもしれないけど、ダイエットウェアサポーターというやつに魅かれている。
ワタシが気になっているのはターボセル。
ヨーロッパで600万枚売れたというシロモノ。
ダイエットウェアサポーターといってもようはシェプアップパンツなのだが、このターボセルはハイウェストタイプなので胸下からひざ上までのタイプ。けっこう伸縮性もあって伸びも良いらしい。

ただちょっと怖いのは、三重構造というヤツ。なんせ、ポリエステルの下に天然ゴムがついていて、さらに格子につむいだコットンなんて・・・。
正直、ムレナイノ?コレ?
まあ、一応当然といえば当然なのだが、ターボセル特有のつむぎかたなので、肌にしっかりフィットで通気性があり、汗を吸収しますとかいてあるが・・・。
ほんとかなあ?
でもって購入者様のお声を聞くと、何もしなくてもあせばんでくる、とか家事をしているだけで、内側にサラサラの汗が・・・。とかかいてあるので、確かに発汗作用はあるようだ。でも、ワタシが気になるのは、汗は当然かくけど、それが気持ち悪くないの?ということ。
そこのところは、あんま書いてないんだよね〜。
これをきて、フツウに走ったりしている人もいるようだが、そんな走れるなら、こんなの買わなくてもよいでしょ?って感じ。

なにもできないすぐ挫折をしてしまうワタシのような人のためにある商品でしょ?これは。ふ〜んだ。

posted by ユッキ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西宇和川上みかん

西宇和川上みかんを食べてみた。う〜ん。すごい。マジおいしい。
まあ、うわさには聞いていたが、本当においしい。まずみかんの大きさ。ちょっとびっくりしました。それからみかんの皮が薄いこと。
味は、甘すぎずすっぱすぎず。ただみかんの果肉を含んだ皮が非常に柔らかい。
なんで?外の皮との関係があるのだろうか?
説明書によると川上地区は四国愛媛の西南部にあって、天皇賞というなんだかえら〜い賞をみかんでとっているらしい。
なんでも石碑(みかんの形ではない)まであるとか・・・。
そのほかにも、日本農業賞だとか朝日農業賞だとか、いろいろとっているらしい。
まあ、ワタシには賞をとっていようがいまいがそんなことは関係ない。ようはみかんがおいしけりゃそれでよい。
なんでもそのおいしさの秘密は、太陽にあるらしい。
直接、南国特有の太陽からの放射熱以外にも、海からの反射熱、そして日中太陽や海からの反射熱で暖められたみかん畑の石垣からの輻射熱と、3種類の熱によってあたためられているらしい。
そして、海のそばなので塩分のミネラルが、食味・コクを増幅させるらしく、おいしいみかんをつくっているらしいのです。
ちなみにみかんの栽培は、冬の収穫まで一年がかりらしいです。

そういえば、昔こどものころ、みどりの葉っぱがついたみかんが好きだったなあ。

posted by ユッキ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コストコ(Costco)は激安

コストコ(Costco)って知ってる?
最近やっとメディアに良く出るようになってきたけど、実はアメリカでは老舗なんです。
ちなみに本場アメリカUSAでは、「コスコ」と発音する。最初「コストコ」と日本に進出してきたときには冗談かと思った。
友人のアメリカ人は「日本人もユーモアがあるなあ。」と思ったそうだが、いまだに不思議である。登記をまちがえたのかなあ。
それから私はこのコストコ(Costco)に最初にいったのは、20年前にハワイで・・・。
当時は、わけわからずに倉庫になんか人が並んで入っていたので、ついていった。そしたらその倉庫の中が激安。何?この安さ?っという感じでけっこう買い物をしたんですが、会計の時に「会員証」を求められた。
「ん?何それ?」
そしたら、「会員にならないと入れないはずだ。」とのたまう。もち英語なんだけど。
こっちも「じゃあなんで会員証の確認をしないで入れたんだ。お前のミスだ。」と堂々と主張した。(どうやら入館の時の係りがさぼっていたらしい)。
そしたらしょうがないということで、そのレジの人が自分の会員証を切って売ってくれた。懐かしい思い出である。そのときに、あ〜激安倉庫セールって安いんだなあと実感した。

ちなみに今回行ったのは、もちろん日本の多摩境店。なかはアメリカほどじゃないけど、広い広い。何でも激安だけど、わたしのお勧めは台所用品とスナック類かな?ラップ類とかポテトチップとかまとめ買いにならざるを得ないんだけど、ひとつあたりの計算をすると3割は安いよ。
もちろんクリスマス関係はすでにいっぱい売ってます。
これからそろえる人は必須です。
posted by ユッキ at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。